「元本割れ」とは読んで字のごとく、投資の結果、損失が出て元本となっている金額よりも少ない金額しか戻ってこないような状態の事を言います。資産運用をするにあたって、投資商品によっては価格が変動するものもありますので、当然、元本割れを起こす可能性もあります。例えば、100円で買った株が90円に値下がりしてしまったケースなどですね。このような株式投資や外貨預金、先物取引と言った商品投資もそうですし、不動産投資でも起こりえます。安全性が高いと言われている投資信託だって、元本割れしてしまう可能性があるのです。投資初心者であれば、自分の資産が元本割れする事に不安があり、どうしても元本割れをしないような個人向けの国債や社債を選択しがちになるのが一般的でしょう。この場合には、途中解約しないで満期まで保有していれば元本が保障されますので、価格変動のリスクを負う事はありません。けれど、実は元本割れする可能性がある投資商品は、リスクがある反面、リターンも大きいといった現実もあります。自分の資産が元本割れしてしまう事がどうしても許せない場合には、あえてリスクを取る必要はありません。ただ、せっかく資産運用をするのですから、少しでも資産が増えた方が嬉しいですよね。いかに元本割れのリスクを小さくしてリターンを大きくするかを考えるのも、資産運用のひとつの楽しみ方と言ってもいいのではないでしょうかー